tetote from minami-soma
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

音鳴音庭のイベントサイトができました(endo)
2012.10.27(sat.)に南相馬の銘醸館で開催する「音鳴音庭〜ふるさとを楽しむ音楽会〜」の イベントサイトを作成しました!
今後も随時更新してまいります☆

音鳴音庭-otonari ontei- in 南相馬
http://otonaridan.jimdo.com/
七夕の日。(endo)


7/7(土)に、母校である福島県立原町高等学校に行ってまいりました。
美術部顧問の朝倉先生にお会いするためです。
奈良美智さんの気配のする美術室にお邪魔して、イベントについて説明させていただき、
ご参加・ご協力をお願いしたところ、快く賛同してくださいました!

この数ヶ月間、南相馬のイベントがどんなものなら素敵だろうと、ずっと考えてきて、
イベントメンバーそれぞれの想いを絡ませたりほどいたりしながら、やっとカタチが見えてきました。
これまでは言葉にできなかった数々の想いの先に、少しずつ見えてくるものがありました。
朝倉先生にお渡しした資料は、そうしてできたものです。
夏休みが始まる前に届けることができて、本当によかった。

長々と書き連ねていますが、私は小心者で、人と話をするのも下手なタイプです。
イベントを主催するなんてことも考えたことがありませんでした。
実際、空中音庭を主催した「ワイルドフラワー」の門田さんに、
「南相馬でも空中音庭をやってみませんか?」と言われたときには、頭が真っ白な状態でした。
でも、それと同時に、何かしたい。自分にも、何かできるかもしれない。とも思いました。
イベントは一人きりではできないものだからです。
「こんなことしたい」とか「こうだったらすごく素敵だ」とか、
そういうものが、たくさんの人の想いや力のもと実現するのって、すごくいいよなって思います。

ただね、やっぱり最初の一歩は怖い。
初対面の朝倉先生に会って話すときも、なんて言われるかなーとか、ちゃんと伝えられるかなーとか、
不安な気持ちもありました。
だけど、ドギマギしながらも伝えて、賛同してもらえたときの喜び、このうえなしッス。
賛同してもらえた分だけ、実現できる可能性が高まっていくような感じです。

7/7は幕張メッセで「NONUKES2012」も開催していました。
さよなら原発の署名に参加しました。
奈良さんの女の子の絵も相まって、色々とリンクしていた、忘れられない2012年の七夕の日でした。

夜も更けて、かなり朦朧としながら書いていますw
資料、ネット上にもアップせねば…!w
でも今日は寝ます。
それでは、皆さん、ごきげんよう〜。
第一回テトテ会合のこと。
2012.04.14
第一回テトテ会合 〜琵琶湖ワインを全部呑んだのはお前か!〜


先週の土日を使って、南相馬へ行ってまいりました。
今回は、ドレミ、エンドウ、そしてカラアゲとドレミの弟さんも一緒です。
なぜって?それは、テトテか〜いごお〜♪(「夕方会合のテーマ」のメロディで)
空中音庭を南相馬で開催するための第一回テトテ会合があったからです。

現地にてキクラゲさんと合流し、イベント会場候補である銘醸館を視察。
ドレミさんやカラアゲ、ドレミ弟がアクティブに視察している間に、
私とキクラゲは、ちゃっかり当日の展示作品をチェック!w

この日銘醸館で開催されていたのは、地元出身の作家である水田幸さんの作品展でした。
どこか宮沢賢治を思い出させるような“無線塔”の絵がたくさんあって、とてもよかった。
この無線塔は昔、南相馬にあった(※)もので、当時のアジアでは最も高い建築物(高さは約200m)だったとのことです(お恥ずかしいことに、私はまったく知りませんでした)。
関東大震災のときに、そのことを世界に最初に伝えたのはこの無線塔だったのだそうです。
そして、今回は忘れずに常設展も見てきました!
常設展には蔵らしくカオスな感じで、懐かしいような品物たちが陳列されておりましたw
蔵の奥に昔風のテレビがあり、無線塔の歴史のVTRを見ることができるようになっていました!
時間がなかったので途中までになってしまったのだけれど、次回行ったときにはじっくり見ようと思います。

(※)老朽化などの理由から昭和57年に解体され、現在は1/10スケールの記念塔として存在しています。



さて、銘醸館視察の後は、鹿島区で農家民宿をされている小倉さんのところへ。
ストーブで焼いた焼き芋(重複御免)をご馳走していただき、気さくなお人柄の小倉さんご夫婦に、私の心もほっくほくでしたw



その後、キクラゲ邸へ行き、昨年7月に滋賀で買ってきた「琵琶湖ワイン(白)」で乾杯!!
この琵琶湖ワインは、「テトテメンバー(当時は4人と2匹)が全員揃ったときに開封しよう!」ととっておいた(多分。キクラゲが通販に手を染めていなければ)ものです。
少し甘味が強めのマイルドな味わいで、飲みやすいワインでした(キクラゲがメルシャン等で補充とかしていなければ)。
今回は、ドレミ弟の高いPCスキルのおかげで、滋賀のストンさんとPC電話会談も実現しました。
なかなか会える機会がないので、顔を見てみんなで話せたのは本当によかったです。



そして、夜が更けた頃、モイケルさんが合流!
私は高校以来の再会でしたが、爽やかで洒落た雰囲気や独特の安定感は健在でございました。
できることなら、あと5時間くらいは話したかったな〜という想いで帰路につきました。

と、1日の情報量が、私の脳量と回転率ではまとめきれないほどでしたので、
上手にお話することができませんが、個人的にはなかなか充実した一回目だったと思っています。


2012.04.15
エコフェアinみなみそうま


翌日は南相馬の道の駅で行われた「エコフェアinみなみそうま」に行き、
母の友人たちが行っている「人形劇団21」のお手伝いをしてきました。
人形劇団21の皆さんとは初対面で、イベントの概要などもまったく知らないで行ったので
私に何かできるかわからなかったのですが、舞台づくりやお客さんの呼び込み、タイムテーブルの変更を反映するなど、思ったよりは働けたかな?と思います。



「エコフェアinみなみそうま」では人形劇のほかにも、相馬流れ山の唄と踊りや菅野清二さんの語りによる昔ばなしなどもあり、そちらも見ることができ、大満足でした。
自分もイベントを開催する身なのだと思うと、
いつもは気にしないようなところを見たり、関心したりすることができ、勉強になったと思います。
イベントが一段落してから、昔ばなしを語っていらした菅野清二さんとお話させていただく機会に恵まれました。



本当に学びと反省と、収穫の多い2日間でした。
南相馬でのイベントに関するお知らせや、みなさまにご協力いただきたいことなども、
決まり次第、ご報告させていただきたいと思っています!
ふふふ…(doremi)
 

どーもーdoremiです

 

花粉症で、今のシーズンは厄介なことになってますSB-kao-kaa-022.gif

 

SB-ten-pla-005.gifSB-ten-pla-005.gifSB-ten-pla-005.gif杉の木SB-ten-pla-005.gifSB-ten-pla-005.gifSB-ten-pla-005.gifSB-ten-pla-005.gifが、憎いです。

 

 

 

特にご報告するようなナニカは、ありませんが、tetoteはそろそろ動き出しますよ回る豚~00.gifって事くらいでしょうか?

今週末は、tetoteのサミットです音譜ちゃん.gif

 

 

 

ふふふ…。




2012.3.10-11 みちのくの春、万葉の調べとともに、南相馬に飛び出した坊やのこと(endo)
2012.03.10-11 南相馬市・銘醸館にてー

「みちのくの春、万葉の調べ」鈴木靖将・鈴木晴嵐展

南相馬の銘醸館で開催された展覧会に行ってきました。
日本画の鈴木靖将さんと、陶芸家の鈴木晴嵐さんの作品展です。
見ごたえのある数々の作品に囲まれながら、滋賀からいらした紙芝居師の方が、昔ながらのスタイルでお話を聞かせてくださいました。
鈴木靖将さんが絵を担当された絵本、「ごんぎつね」「でんでんむしのかなしみ」も聞かせてくださいました。
その模様は、下記URLからご覧いただけます(原町観光協会様サイト)。
http://www.minami-soma.com/kanko/modules/d3blog/details.php?bid=411

銘醸館には今回初めて行きましたが、落ち着ける雰囲気のよいところでした。
展覧会の作品以外に常設展もあったのですが、今回は見れずに帰ってきてしまった!
次回は必ず見てこようと思っています。
当日は、鈴木靖将さんによる似顔絵描もありました(来場者に無料で!)。
鈴木靖将さんの描く独特な世界の一住人になれるような似顔絵です。
私も描いていただきましたが、ソックリでしたw
一緒にいた友人や私の母、伯父や伯母も描いていただきました。
なんだかやたらうれしかったです。
今回見に行けなかった方は、次回はぜひ足を運んでみてください。
本当に、ぜひまた開催していただきたいです。




飛び出し坊やの「とびだしくん」が、南相馬にやってきた!

ゆるキャラのなかで、最も身体をはっているだろう少年である「とびだしくん」が、滋賀から南相馬にやってきました!
“ゆるキャラ”などと申しましたが、決してゆるくなどない、過酷な任務をこなしていることは確かです(そもそも、ゆるキャラの部類ではないかもw)。

記念すべき南相馬第一号のとびだしくんは、0系(だったと思う)とよばれる飛び出し坊やで、飛び出し人形の生みの親である久田泰平さんの直筆サイン入りなのです!

とびだしくん(本名:飛出とび太さん)を連れてきてくれた門田さんから、お土産に「とびだしくんストラップ」までいただきました♪( ´▽`)ありがとうございます☆

現在とびだしくんは、南相馬市の嵐酒店前に配属されている模様です。

飛び出し坊やの歴史を詳しく知りたい方は、是非こちらのサイトをご覧ください。
http://www.mahorova.com/tobidashikun


photo1.jpgphoto3.jpgphoto4.jpg
02:17 endo comments(0) trackbacks(0)
テトテ帖を南相馬の図書館にあるカフェに展示させていただいてます。
2011.12.26 Monday


南相馬の駅前(原ノ町駅前)にある南相馬市立中央図書館のCafe Beansにて、夏の空中音庭でみなさまにいただいたメッセージ「テトテ帖」を展示させていただいています。
ただテトテ帖を置くのではなく、その経緯についても伝えたかったがために、気が付けばもう冬でした…汗。大変遅くなり、すみませんでした。
でも、美味しい珈琲とパン(ここのカフェはパンがとても美味しいです)を堪能しながら、テトテ帖やその記事を読んでいただけたらありがたいです。
珈琲を飲まなくても、南相馬在住の方、もしこのプログを読まれた方がいらしたら(ほぼいないと思うけど…w) 本を借りるついでなどにチラ見していただけたら嬉しいです。

多分それほど長くは置いてもらえないと思いますが、少しでも多くの方に見ていただけることを願っています。

★南相馬市立中央図書館・Cafe Beansについてはこちら★
01:29 新着情報 comments(2) trackbacks(0)
やさしい音。(endo)
2011.10.05 Wednesday
Image737.jpg
南相馬で津波の被害にあわれた方のギターが、先日、滋賀経由で私のもとへ届きました。
家の1階が津波で流されてしまい、残った2階にあったギターだそうです。

持ち主の方はドレミさんのお知り合いで、私はお会いしたことがないのですが、
ギターは3本あり、畏れ多いことに、そのうちの1本を私にくださるというお話をいただきました。
そして、空中音庭でもお世話になった
luthier(≒弦楽器製作家)の森下さんがご厚意でリペアしてくださり、今、ここにあるわけです。

森下さんはendo用のギターをナイロン弦のガットギターに仕立ててくれました。
私にとって初めてのレフティガットギターです。
届くまでの間は、ソワソワ×2していました。
どんなだろう?
どんな音色で、どんな雰囲気だろう?と。

そしていざその時がやってきて…、
対面してすぐに安心しました。
古いヤマハのそのギターは、重ねた月日と津波を乗り越えた経験を醸し出しており、とても落ち着きのあるギターだったから。
ちょうど魔女の宅急便で最初にキキが乗る、嵐にも驚かずに飛ぶことができるお母さんのホウキみたいに!

ナイロン弦のやさしくてあたたかい音がとても新鮮なので、慣れない手つきで弾いてみます(ひいて、ではなく、はじいてみますです。ひけないです。苦笑)。
基礎も何もわからないままに、ポン♪ポロ〜ン♪とつまびいては、ギターってとても繊細なんだなアと思い、ギター弾きの友人の見事で美しい演奏を思い出しました。

このギターはあの日、津波の音を聞いただろうなあ。
どんなにか怖かっただろうなあ。
運指の度にヘンテコな音を鳴らしながら、もどかしい「TEMPO FELIZ(※)」が響いていきます。


(※)パーデン・パウエルという人の名曲。「テンポ・フェリス」とは、幸せな時間という意味です。

21:10 endo comments(4) trackbacks(0)
仮庵−kariio−のこと。(endo)
2011.09.04 Sunday
新聞 仮庵


福島県南相馬市にあった「仮庵」という和雑貨のお店が、この度、滋賀県東近江市にてお店をオープンされたそうです。
震災前、こちらのお店には母に連れられて2度ほど行ったことがありましたが、和雑貨や輸入雑貨を扱っている(確か異国の雑貨もあったはず)雰囲気のよい素敵なお店でした。
東近江市の仮庵では、店内でお茶をいただくこともできるそうで、より一層素敵になっているに違いない!です。


「仮庵」のことは、木工房 青樹さんが新聞の記事(上記写真左)を見かけて教えてくださいました。
掲載している写真も木工房 青樹さんに送っていただいたものです。ありがとうございます♪


空中音庭に行ったときに思いましたが、滋賀と福島はどこか似ているようです。
行き来した人はみんな不思議とそう感じるらしく、
「仮庵」さんも、避難していたのは京都だったそうですが「福島に似ているから東近江がよい」と、お店を滋賀で始めることになさったそうです。


青木さんの珈琲カップ 仮庵


写真の珈琲カップは、木工房 青樹さんが「仮庵」で購入されたものです。
もうすぐ秋。美味しい珈琲が飲めそうですね♪

滋賀にお住まいの方や滋賀に行く機会のある方は、ぜひお立ち寄りください☆

23:38 endo comments(5) trackbacks(0)
8/20 ひまわりの記憶。(endo)
2011.08.26 Friday
8/20の写真をアップしました。
こうしたらみんな見れるのかな?
と思って、やってみた。

Photo★2011/08/20 ひまわり復興イベント−福島県南相馬市鹿島区
01:47 活動報告 comments(2) trackbacks(0)
超絶旨いもん発見伝!(endo)
2011.08.25 Thursday
Image719.jpg
8月20日に参加させていただいた「ひまわり復興イベント」会場にて売られていた、2品を購入したのですが、
これが…!!!目茶苦茶に美味しかった!!!!

「食べる青唐辛子」
「ししゃもきくらげ しその実入り」

どちらも、南相馬のMKフーズさんという会社が販売元の商品です。
お値段は各500円と、自宅用としては少し贅沢な価格かもしれませんが、
おみあげには最適♪

今回は自宅でぜんぶ食べますけどねー。

南相馬のMKフーズさん、
パスタハウス マリオ、
軽食喫茶(?)コーヒー豆、
に続いて
急上昇ランクインでございます。

皆さん、南相馬でこの2品を見つけた際には、迷わずマストバイですよ〜w

01:40 endo comments(2) trackbacks(0)


▼ABOUT MINAMI-SOMA

福島県の浜通り地方にある太平洋に面したところにある街。元の名前は「原町市」のため、最寄駅の名前は「原ノ町駅」。
夏の祭りといえば、「相馬野馬追」祭りです。
>南相馬市観光交流課内 相馬野馬追執行委員会 公式ページ
>相馬野馬追 奥州相馬の空の下で



▼tetote TOPICS


2011/07/09(sat)
第2回 空中音庭-じゅらく-

出演:タテタカコ
オープニングアクト:
よしこストンペア
tetote(南相馬市)